年のごぶさたですが、皆々様お元気ですか?いつもありがとうございます。
この様におたよりの挨拶文を毎年書かせてもらってありがたいなと思っております。
お陰様でお客様のほとんどが、我が家のふじりんごの長年のお馴染みさんです。直接来てくださる方を始め、電話だけの会話からも何か気持ちが通じ合える様なうれしい心になります。こんなことが、私のりんご作りのエネルギーの元だと思っております。
 今年も国外、内つらいことも多く、台風が最多記録本土上陸10回でした。超大型23号台風の翌日は新潟地震があり大変な年でした。でもアテネオリンピックの日本選手のがんばりにもエールをおくりたいです。
 我が家のりんごも、りんご作り25年にして2番目位につらい年になりそうです。春のりんごの花の満開時、人口授粉付け作業が終えた翌日の大霜、夏の降雹、猛暑続き、強風、この様な気象条件の中なんとか持ちこたえてきたりんごが遅い台風の大雨の影響か仕上がる頃になって実割れがたくさん出てしまいました。今までになかったことでJA果樹部会でも頭をかかえてしまいました。・・・台風や地震で大変な思いをしている方々に比べれば・・・お送りするりんごはよく選びますが、霜での変形果、風での枝すれ、ヒビ等多少あるかと思いますがご理解の程を重ねてよろしくお願いします。又、11月に入ってもいつまでも暖かく、寒さが遅れています。りんごの蜜入りが少ないです。


母が昨年末89歳で亡くなりました。私達夫婦は25年前長男5歳、長女2歳の時、縁あって両養子になりました。この家に来ることになったと同時に養父が病に19年間の在宅看護生活を義母がしてくれたお陰で私がりんご作りにがんばれました。その母も6年の在宅医療介護生活でした。色々ありましたが、子の役目はできたかなと思っております。
 長男にとても素敵なお嫁さんが来てくれました。主人が「えっちゃん1年に2回か3回、花粉つけとりんご取り手伝ってくれればいいよ」なんと、もう約束違反。色々手伝ってくれてかわいそう・・・大事な仕事を持っていて大変だろうに、家でごはんをすると必ず長男と二人で洗い物して片付けっててくれます。
 台風、地震、私の実父の死、この3日連続の一大事、父は生前「若い者にやっかいにならぬようにしたい」と言っていた通りにピンコロの90歳でした。小柄な体で86歳位まで現役でりんご、桃作りをしてました。足腰が丈夫でどこも痛くないと私達に負けない働きぶりでした。27年前他界した母の介護をしながら孫3人のオフロも入れ、農作業もバリバリでした。私は子供の頃、こんなに農作業をがんばり、苦労ばかりしている姿がいやだとずっと思っていました。それが、父の母のめんどうぶりと、孫たちと無心にふざけてくれる姿が農作業と重なりました。


でに何回か書いてきたが、くだものには数々のすぐれた薬効がある。このことをできるだけ多くの人に知ってもらいたいし、そしてそのことがくだものの消費拡大につながって欲しいという想いが強い。
くだものは多食しても太らないし血糖値も上がらない
 甘いケーキや、くだものでも加糖した加工品を多食すると、肥満や糖尿の危険がある。しかし、生のくだものは、糖度の高いものをいくら多食してもその危険はない。くだものは絶好のダイエット食品なのである。
 糖尿病患者や糖尿病予備軍が、ブドウ糖液を飲むと血糖値が急上昇し、その状態が永く続くが、同じ糖量を生のくだもので摂取した場合には、血糖値は急上昇することなく安定的に推移するといわれている。くだものには、糖分を含有していても、血糖値の急昇をおさえる何かがあるらしい。
くだもの中の有機酸は疲労回復に即効
 くだもの中に含まれるリンゴ酸やクエン酸は、体内におけるエネルギー発生経路の主要な地位を占めており、糖以上に容易にエネルギー化することは、高校の生物教科書にも出ていることだから、常識といってよいだろう。
多彩なビタミンCの効果
 生のくだものはビタミンCをかなり含んでいる。ビタミンCの薬効はきわめて広範囲にわたっており、限られた紙面ではいい尽せないが、主要なものをあげると、抗酸化作用、細胞の老化防止、免疫力の増強、抗がん作用、かぜ予防、動脈硬化予防、メラニン色素沈着防止による美肌化、二日酔防止など。
 くだものにはまたビタミンAのもとであるカロチンを含んでいるものがあり、ビタミンCとの相乗効果で、老化防止、がん予防、かぜ予防などにいっそうの効果を発揮する。
 さらに堅果類には、ビタミンB群やビタミンEを含んでいるものがある。
手軽な食物繊維の補給源
 くだものには水溶性食物繊維であるペクチンが多く含まれていて、整腸作用をもち、大腸がんの発生を予防してくれる。しかも、おいしくて手軽な補給源であることがくだものの特色である。
成人病予防のためにくだものの多量摂取を習慣づけよう
 これまで延べてきたことからわかるように、生のくだものは、いわゆる成人病の予防に最適である。成人病は、生活習慣病だといわれ、その起源はすでに若年期にある。幼いころから生のくだものを多食する習慣をつけることの重要性を強調したい。(熊代)



<<2005年号TOP2003年号>>

Copyright(C)Iida Farm. All right reserverd.