年もふじりんごをお届けいたします。いつもありがとうございます。お元気でしたか?
 11月15日 黒田慶樹さん、清子さまの結婚式は二人の人柄がにじみ出ている美しい姿でした。心打たれました。
 2005年、解散総選挙、小泉フィーバー?年でもありました。国の政治は改革の大合唱の下で、いよいよ憲法改正をめぐって動き出しました。今まで平和ボケだったのでしょうか?「・・・日本が攻撃された時は・・・そのための有事にそなえるとか・・・国連軍にも・・・」世界の国々の様に軍隊としての位置づけに考えるらしいのか?難しくてよく分からないですが・・・。
日本は過去においてまちがいもあったが、唯一、原爆投下された国として、他の国と同じでない。日本独自の進む道があると思うのですが・・・。
 今年はホリエモン、三木谷騒動もありましたが、4月にJR福知山線脱線事故が大きな事故として話題になりました。台風14号の被害も九州を中心に床上浸水(3m)にもなりました。又、東京でも異常気象と言われた集中豪雨で床上浸水があった区域がありました。国外では、昨年末のスマトラ沖大地震の大津波、今年のアメリカのハリケーン、パキスタン北部大地震と、みな過去最大の被害と言われました。パキスタンでは今、厳寒に向かい緊急の助けを求めています。こんなにも大きな天災が次から次へと続き、まるで世界各地で起きている争いごとを怒っているかの様です。ハリケーンなどは地球温暖化も関係あるようです。いつまでも終わることのない戦争、そこにかける命と莫大なお金、そして復興支援、同じお金を使うなら、地球環境対策とか途上国への自立支援に投資したらいいのにな・・・と農家のおばちゃんは思ってしまいます・・・。
農家も温暖化に苦労してます お陰様でりんごも大きな災害もなく育ってきましたが、9月の最後の消毒が終え、(収穫まで約2ヶ月ありますので農薬の残留が心配ありません)10月の葉づみ作業、11月に入って、玉まわし作業をして、最後の仕上がりになります。この頃夜間の冷え込みでりんごに密が入ります。今年も暖かい日が多かったので蜜入りが心配です。


同居人は主人と犬とネコ2匹
 末っ子の二男が社会人として自立し、通常家族が犬(クー)、ネコ(ハナとフク)と主人になった、ネコ歴16年、犬2年、ネコも犬も大反対だった主人が、今ではすっかり彼女たちのケライになっています。会話も増えて・・・。
嫁さんは力持
 都会育ちで農業体験などないのに、長男と一緒に来ては、ここ一番という時に手伝ってくれます。≒30kgもある堆肥袋40袋×トラック4台を2日も1人で持ち上げ、トラックに載せてくれました。これにはたまげた。又、マキストーブ用のマキ作りに二山もあるたくさんの木をチェーンソーで切る手伝いをしてくれました。「北の国からみたい」と言って・・・内心、私はこんなことたくさんやらせて気の毒かなと・・・頭をよぎる・・・でもうれしい。

二男が理学療法士合格
 あ〜〜〜、やっと良かった・・・と安心したものの、どうも毎日がハードらしいです。休みも自分の勉強だと言って、講習会(県内外)、勉強会などに参加したり、睡眠不足で勉強しているらしいです。高い本と講習会費用にかけ、貧しい生活をしています。・・・りんごの手伝いをとあまり言えません・・・。
私のかかし作り講習会
 日本百選の棚田に設置するかかしをヌイに手伝ってもらって、地元の小学校4年生親子、地域の自治会長さんたち、上田市に山村留学に来た千葉市の6年生、それぞれに講習会をして、かかし作りの楽しさを経験してもらいました。みんなとてもうれしそうでした。子どもたちとは絵てがみ交流もできました。又、お嫁さん担任の5年生(他校ですが)と学年の子ども達と親子もかかし作りをしました。お嫁さんの学校での働いている様子も見ることができ、ご苦労も子どもに接する姿も・・・少しずつですが大変さが理解でき、応援する心が益々増えました。

野球部中学生がりんご収穫手伝い
 昨年に続き、長男がおしえ子たちを連れてきて、農業体験だと言って手伝ってくれます。子どもたちは本当に一生懸命がんばります。野球部監督をしている長男は、朝は早く、夜は遅く、土日は休みなく、1年にここ1番という時のお手伝いです。

11/19・20ふじ祭りコンテストに昨年に続き、今年も入賞をしました。


ビタミン
 りんごのビタミンCはレモンやみかんに比べると少ないが安定性が高い、熱したり、切ったりしても破壊されず、栄養価を保つ、そのために料理に使われています。
ビタミンAも多く、粘膜にうるおいを与えて保護し、ウイルスや細菌から体を守ってくれる働きがあります。風邪をひいて、すりおろしりんごを食べると良いそうです。
カリウム
 塩分をとりすぎると「ナトリウム」が増え、血液中の水分が増加し、心臓に負担をかけ、心臓病や高血圧の原因になります。カリウムがこの「ナトリウム」を排泄し塩分による害を軽減してくれます。さらに肥満の原因の1つに塩分の取りすぎによる水を多く飲む。その水が肥満の大敵、水分過多の水太りタイプが多いそうです。そこで、りんごのカリウムが大きい働きをしてくれます。
有機酸
 レモンなど柑橘類に含まれている有機酸はクエン酸ですが、りんごはりんご酸といって酸味が少なくまろやかです。疲労時のアルカリの多い状態の時、中和する働きがあります。酸味が精神を安定させ、体内で吸収されるとすぐ分解し、代謝機能を促進し疲れをいやしてくれます。胃腸の働きを良くし、コレラ、赤痢、腸チフスなどの菌を殺菌する作用もあります。鉄分の吸収も高める働きもあります。
食物繊維
 食物繊維が多く含まれており、腸の働きを活発にして、食物の消化吸収を助ける。便秘を防ぎ、腸内の有害物質を体外に出して大腸がんの予防にもなります。
りんごとペクチン
 食物繊維の1つとしてペクチン、寒天やゼラチンの役目をして、トロッとかたまる性質を持っており、くだものの中でペクチン含有量が多い。ペクチンは胃や腸の働きを高め、腸壁にゼリー状の膜を作り、有害な物質を吸収するのを防ぐ作用がある。コレステロールの異常を抑えるこのペクチンは皮と果実の間に多く含まれているので、りんごの皮をむかないでよく洗って皮ごと食べてみたい・・・。



TOP2004年号>>

Copyright(C)Iida Farm. All right reserverd.