はじめに
産者の飯田と申します。いつもありがとうございます。
今年も信州上田のふじりんごをお届けします。うまい完熟りんごにこだわり、手をかけ、気持ちも入れ、心をこめて作りました。上田は雨も少なく、朝晩の冷えこみで昼夜の気温差があり、又陽当たりもよく、甘みの濃い美味しいサンふじりんごができます。 温暖化の影響で寒さが遅れていますので、収穫もどうしても遅れて11月20日過ぎ頃からです。 毎年ヒヨドリなどの被害も増え、今年は思いきって網を張りました。はずす時の大変さを考えると・・・・・でもあまりにも鳥たちのつっつきが多すぎてがっかりさせられます。でも、台風と降雹のないありがたい年に感謝でした。

 政府米、MA米の事故米が食料に流れていたり、年金額が少なく記録されていたり、消えていたりと又、又大変な騒ぎ。安心していられる行政までがこんなことでは、中国の冷凍ギョーザ、インゲンなど云々と言っていられない。5年前、食品衛生法改正で2006年5月に施行されたポジティブリスト制で、私たち農家は出荷する農産物の農薬の使用月日、収穫何日前までに消毒すること、決められた農薬以外は禁止など、守ることは本当に厳しくされている。そして、がんばっている。
 

我が家のニュース
長男の合格 講師の生活が長かった。まわり道をしてから教師を目指し、毎年受け続け、やっと長野県の試験に合格した。今まで、おしえ子やお母さんたちからたくさんの応援をもらっていて、励ます立場が逆に励まされていた様だ。息子の努力と成長も、家族、おしえ子、親たちから頂いたものだとつくづく思う。お嫁さんも「そのうち受かるでしょう」と言って待ってくれた。本当にありがたい。
次男の結婚 娘がもう1人増えた。学生時代、父親の長期入院で苦労して卒業した。物を大事に大切にする。私もおしえられる。140年の古民家で温かい和のおもてなしの小さな結婚式をした。
ジジは最高のベビーシッター
お正月に二人目の孫、ハルちゃんに続きフユちゃん誕生。ジジはオムツ交換、おんぶ、だっこ、離乳食を食べさせ、遊んで、ミュージックと何でもやってくれ、やっぱり最高のベビーシッターだ。
2才の孫に教育される ジジとババの会話は怒っているの?ケンカしているの?そのようにハルちゃんには聞こえるらしい。つかさず「静かにしなさい」「怒るとハルちゃんせつなくなる」「ウァ〜〜〜」と泣く。私たち年を重ねて、静かにやさしく、仲良く語り合って暮らさねばと思うのに、会話のトーンはどうも今いちだ。孫と会話するときは、180°トーンが変わってやさしいものだ。

りんご栽培の1年
農園写真


りんごを新鮮に保存する方法を教えてください。
お教えします りんごは収穫後も生きています。呼吸作用とともに、水分を発散していますので、長く保存すると、果肉成分を消耗して、いわゆるボケたり、水分が抜けたりして、食味が悪くなるわけです。

 そこで、まずりんごを薄め(0.03〜0.05ミリ)のポリ袋に入れて密封します。こうすれば、りんごの生理作用を抑えることができます。また、長期間保存する場合は、ポリ袋内に新聞紙を入れます。これは、りんごの呼吸作用で発生する炭酸ガスや袋内の水滴を新聞紙に吸着させるためです。

 次にりんごを保存する理想的な条件は、温度0℃前後、湿度85〜90%ですが、一般的には冷蔵庫に。



TOP2007年号>>

Copyright(C)Iida Farm. All right reserverd.